自閉症
特徴自閉症の基礎知識

特徴

自閉症の人の特徴

自閉症

自閉症の特徴赤ちゃんが抱っこを拒否したり、触られるのを嫌がったりしたら、自閉症かもしれません。
自閉症かどうかを見極めるには、見た目や行動をよく観察してみることも大切です。

ここでは、自閉症の人にみられるさまざまな特徴を紹介しています。

その行動にはどんな意味がある?

意味のある行動自閉症の人の行動は私達の目には奇妙に映りますが、それぞれにきちんと意味があります。
物事のとらえ方や思考が独特であるため、周囲には分かり難いだけなのです。

自閉症のさまざまな特徴と、それらにはどんな意味があるのかをお教えしましょう。

赤ちゃんが抱っこを嫌がったら注意!

自閉症の赤ちゃんは、抱っこを嫌がる傾向があります。
体を後ろに仰け反らせたり、大泣きしたりして、抱かれることを強く拒否するのです。

またこのような激しい反応を示さなくても、喜んで笑ったり、気持ち良さそうな表情を見せることがありません。
また目を合わせようとしても、視線を逸らされることも多いです。

よく知らない人が抱っこしようとすると泣き出す赤ちゃんがいますが、これは単に、人見知りする性格なのだと考えてよいでしょう。
しかし母親に対してこのような反応をみせる場合は注意が必要です。

抱っこを拒否されたら、大抵の母親は「なついてくれない」とショックを受けるでしょう。
また、「もしかすると自閉症?」と疑ってしまうかもしれません。
しかし、すぐに結論を出すのは早すぎます。
育児がはじめてで抱き方が下手だった、眠たくてぐずっているだけ、父親の抱っこであれば大丈夫など、ほかの原因もいろいろ考えられるからです。

自閉症に違いないと思い込むのはよくありませんが、何か違和感を覚えたら、落ち着いて周囲に相談したり医師に診てもらいましょう。

皮膚が敏感なせいかもしれません

自閉症の赤ちゃんが抱っこを嫌がるのは、皮膚の感覚が敏感なせいかもしれません。
皮膚が敏感なタイプの人は、ほんの少し触られただけで痛いと感じてしまうのです。
自閉症にスキンシップが苦手な人が多いのも、このことが原因と考えられます。

また、母親が抱っこしても喜ばないのは、人の感情を理解するのが苦手なためです。
母親の愛情を認識することができないので、笑顔を見せたり体をすり寄せたりといった「赤ちゃんらしい反応」をみせることがありません。

しかし、永久にそのままというわけではありません。
諦めずに抱っこを繰り返しているうちに、「母親の腕のなかは安心である」と学習し、抱っこを嫌がらなくなる子もたくさんいます。

すぐに耳を塞ぐのはなぜ?

自閉症のなかで、音にとても敏感な人がいます。
私たちが気にしないような小さな音に反応したり、コンサート会場など音楽が流れている場所に行くと耳を塞いだりします。
しかし聴力に何か問題があるわけではありません。検査を受けても正常と診断されます。

また音の感じ方も私たちとは違っており、私たちが心地良いと感じる音も自閉症の人にとっては不快なことがあります。
例えば歌手の美しい声や、静かなクラシックなども、自閉症の人には騒音としか感じられない場合があるのです。
そうかといえば、多くの人が嫌いなガラスを引っ掻く音が平気な人もいて不思議です。

誰かが叱られている時に耳を塞ぐ子もいますが、自分が叱られていると感じるからではありません。
怒りのこもった「声」そのものに反応し、避けようとしているのです。

自閉症の人は、音や声を聞き分けたり、内容を理解したりすることができません。
重要なものと重要でないものの区別がつけられないのです。
意味のわからない音や声は、すべて騒音のようにうるさく感じてしまうのです。

【自閉症全書】コンテンツ分類
  • 【自閉症の基礎知識】症状・原因を知り診断・検査から薬を使った治療に役立てる
  • 【自閉性障害と診断されたら】言語教育やSST、運動などを通じコミュニケーション能力を高める方法
  • 【自閉症の合併症や似ている病気】ダウン症候群・知的障害・アスペルガー症候群などの合併症や併発しやすい病気
  • 【自閉症Q&A】治療法や遺伝の心配、退行現象やサヴァン症候群、就職についての疑問を解決
【自閉症全書】コンテンツメニュー
  • SSTを学ぶ - 自閉症に必須のソーシャルスキルトレーニング
  • 言葉が退行!? - 自閉症の幼児に多い退行現象
注目記事(自閉症全書)ランキング